ホームへ

介護福祉学科|2年・男女80名

介護福祉学科

クラスの仲間たちと心をつなぎ、絆を深める中で、
“心”を持つ介護福祉士を育てています。

本学科が目指すのは高齢者や障がい者の日常生活を助け、自立を促す介護福祉士の養成です。本学科では就職先で発揮できる“実践力”をテーマとし、基礎から応用まで徹底して学べる綿密な講義や実習を用意しています。また、手話や絵手紙、障がい者スポーツへの理解を深めるための車いすバスケなど、高齢者や障がい者との確かな信頼関係を築くことにつながる特色ある授業も展開。さらに、クラスの仲間たちと心をつなぎ、絆を深めるために行うキャンプやダンス発表会はトリニティならではのものです。

おもな資格取得

介護福祉士(国家試験受験資格)※
赤十字救急法救急員養成講習
日本語ワープロ検定試験
情報処理技能検定試験(表計算)
日本漢字能力検定試験
福祉住環境コーディネーター検定試験

※卒業の翌年度から5年間、暫定的に介護福祉士資格が与えられますが、卒業後5年間連続して介護の業務に従事することにより、その後も引き続き介護福祉士資格を有することができます。また、この間に国家試験を受験して合格することにより介護福祉士資格を取得することもできます。


「あなたがいるから幸せ」と
信頼される介護福祉士に。

介護福祉士は、高齢者や心身障害者の日常生活を支えるプロフェッショナルです。本学科では就職先で発揮できる「実践力」をテーマとし、基礎から応用までを徹底して学べる綿密な講義や実習を用意しています。また、絵手紙や障害者スポーツへの理解を深めるための車椅子バスケなど、特色ある授業も展開。高齢者や障害者への理解を深め、確かな信頼関係を築くことにつながる相手を思いやる心の成長をめざします。

多彩な資格取得の実現と豊富な実習が幅広いフィールドでの活躍につながる

少子高齢社会を迎え、核家族世帯が増えている我が国では、介護は個人や各家庭の事情に併せてより細やかで個別な対応が求められています。それらを実現するために、スペシャリストである介護福祉士は、今後もより必要とされニーズも増えていくことは間違いありません。
将来の職場としては、特別養護老人ホーム・老人保健施設をはじめとした福祉施設への就職はもちろん、大学への3年次編入学、一般企業・公務員を目指すこともできます。

将来の仕事

  • 特別養護老人ホーム
  • 心身障害者施設
  • 介護老人保健施設
  • 病院(療養型病床群)
  • デイサービスセンター
  • 市町村の福祉課など行政機関
  • 社会福祉事業団
  • 訪問介護事業所
  • 社会福祉協議会

「ありがとう」の笑顔がうれしくて。
信頼される介護福祉士をめざす2年間。

カリキュラム(カリキュラムは2017年度のもので、変更の可能性があります)

【人間と社会】 人間の理解 社会の理解 家政学 統計・情報処理
【介護】 介護の基本 コミュニケーション技術 生活支援技術 介護過程 介護総合演習 介護実習
【こころとからだのしくみ】 発達と老化の理解 認知症の理解 障害の理解 こころとからだのしくみ
【医療的ケア】 医療的ケア
【その他】 パソコン レクリエーション 国語表現法 手話 総合演習 就職実務
トップへ