ホームへ

臨床工学科|3年・男女40名

臨床工学科

3年課程で学費が抑えられ、医療現場で1年早く活躍できるのが大きなメリット

臨床工学技士は病院で唯一の工学の専門家であり、「人工心肺業務」「血液浄化業務」「呼吸療法業務」の三大業務を担っています。 この他にも医療機器全般の保守・管理など、その役割は幅広く、一人ひとりの患者さんのために医療の最前線で人命と直接向き合っています。

【人工心肺業務】 心肺の生命維持機能を代行する「人工心肺装置」の操作・保守・点検。
【血液浄化業務】 患者さんの腎臓の代りを務め血液中の老廃物を除去する「人工透析装置」の操作・保守・点検。
【呼吸療法業務】 患者さんの呼吸を代行する「人工呼吸器」の操作・保守・点検。

おもな資格取得

  • 臨床工学技士(国家試験受験資格)
  • 第2種ME(メディカルエンジニアリング)技術実力検定試験
  • 医療福祉環境アドバイザー
  • 赤十字救急法救急員養成講習
  • 工業英語能力検定試験
  • 日本語ワープロ検定試験
  • 情報処理技能検定試験(表計算)
  • 情報検定(情報活用試験)
  • 日本漢字能力検定試験

意欲をかきたてる刺激的な毎日!臨床工学技士として将来への自信を深める。

本学科の一番の特色は臨場感溢れる授業です。臨床工学技士として百戦錬磨のキャリアを持つ教員陣が最新鋭の医療機器を使って熱く指導します。現場で機器を扱う難しさや緊張感、責任の重さ、心の痛みといったものを“本当にあった体験”をもとに伝えていきます。生の声だからこそ、聴く側も真剣になれ、生きた知識として蓄積されるのです。また医療系の国家資格は4年課程の養成校が多い中、本校は3年課程です。医療現場で1年早く活躍できるということは経験の蓄積が自身のスキルアップにつながる医療職においてなかなか埋めることのできないアドバンテージを生み出します。しかも、同じ国家資格を取得する上で学費が抑えられるということも大きなメリットではないでしょうか。
「安く、早く、合格率は高く!」あなたの臨床工学技士への道を切り開きます。

高度化する医療機器を扱う高度医療の中心的存在、臨床工学技士

現代医療において、高度な医療機器を効果的に安全に操作し、適正で質の高い医療を確保するためには、臨床工学技士がどうしても必要です。
臨床工学科の卒業後の進路は手術室、人工透析室、集中治療室、高気圧酸素治療室など生命維持管理装置を使用する病院などの医療機関や企業や研究所での機器開発・研究、機器ユーザーへの指導などがあります。このように臨床工学技士は病院だけでなく、幅広い分野で求められている将来性のある資格だといえます。

将来の仕事

  • 病院
  • クリニック・診療所
  • 人工透析センター
  • 医療機器メーカー
  • 医療機器販売会社

笑顔を、命を支える仕事だから。

カリキュラム(カリキュラムは2017年度のもので、変更の可能性があります)

【基礎分野】 心理学 国語表現法 物理学 化学 人間関係学 医用英語
【専門基礎分野】 人の構造及び機能 解剖生理学 病理学概論 基礎医学実習 医学概論 臨床生理学 
臨床生化学 臨床免疫学 臨床薬理学 看護学概論 看護学実習 応用数学 電気工学 
電気回路学 電気工学実習 電子工学 電子工学実習 機械工学 放射線工学 計測工学 
システム工学 情報処理工学 システム・情報処理実習 通信工
【専門分野】 医用工学概論 物性工学 材料工学 医用機器学概論 医用治療機器学 
生体計測装置学 医用機器学実習 生体機能代行装置学 
生体機能代行装置学実習 臨床医学総論 医用機器安全管理学 医用機器安全管理学実習 
医療環境学 関係法規 臨床実習
【その他】 医用工学演習 一般教養
トップへ