新型コロナウイルス感染への対応について(第3報)メイン画像

7月31日(土)から8月3日(火)にかけて、本校の学生6名が新型コロナウイルスに感染したことについては8月3日付既報のとおりです。 

その後、保健所の調査により、今回の感染者の発生はクラスター(集団感染)であること、7名の学生が濃厚接触者に該当していることが判明しました。濃厚接触者となった7名は、PCR検査により陰性確認をした上で、現在2週間の自宅待機中です。 

あわせて、164名の学生及び教職員(7月22日から夏期休暇に入っている学生を除く)に対してPCR検査を受検し、8月7日(土)の時点で全員陰性となりました。 

関係者の皆様には大変ご心配をおかけしております。 
引き続き、全校あげて感染防止に努めてまいります。 

なお、感染者および関係者への配慮と個人情報保護のため、本人の特定につながる情報は公表いたしません。ご理解いただきますようお願いいたします。 

合わせて読みたい

arrow_upward