教員メッセージ  金光 久美メイン画像

個々を尊重し、人に優しく。

介護福祉士の仕事は、高齢者や障がいを持つ人の日常生活をサポートすることです。食事や排泄、入浴などの介護をするだけではありません。利用者さんの生活全般を捉える視点を持って、人権や自立を尊重し、その人らしい介護をする役割が求められています。利用者さんが前向きな気持ちで自立を目指せるよう、誠意に敬意をもって介護を行い、良い生活ができるようご家族と共に支援していく。そのような介護を求める利用者さんはどんどん増え続けており、確かなスキルと知識を持った介護福祉士が必要とされています。

介護のあり方が問われる今、介護福祉士が担う役割はとても重要です。社会貢献という意味でも非常に意義のある仕事なのです。そのような介護福祉士を目指して、知識・技術の修得はもちろんのこと、多くの出会いを通して、学び、自分を磨くことのできる充実した学生生活を、ぜひ、私たちと一緒に送りましょう。

介護福祉学科教員 / 看護師
金光 久美

合わせて読みたい

arrow_upward